ヘッダーロゴ

腕時計の事で困った事やオススメのブランド腕時計を紹介します

ビクトリノックス

ビクトリノックスの時計電池交換について解説します

投稿日:2019年5月9日 更新日:

1989年に時計の本場スイスで創業したビクトリノックス・スイスアーミー。マルチツールやトラベルグッズで有名なブランドてすが、時計としても伝統的かつ現代的なエッセンスをもつデザインとなっています。

ところで日常のメンテナンスの中でもクォーツ時計で必ず必要になってくるのが電池交換。クオーツ時計は電池がなくなっても交換すればまた使えます。電池交換についての情報をしっかり押さえておきましょう。この記事ではビクトリノックスの時計に関する電池交換についてまとめました。

ビクトリノックスの時計電池の寿命は約2年

ビクトリノックスの時計の電池寿命は公式で24ヶ月と定めています。
しかし実際には一概には言えません。例えばクロノグラフは日付機能なしの3針よりも多くの電力を消費するため、頻繁に使用する場合は寿命が短くなる可能性があります。むやみに使うと、それだけ寿命が短くなるので注意しましょう。また電池の残量表示は付いていないので、購入時期か前回の電池交換の時期を大体で覚えておくとよいでしょう。

ビクトリノックスの時計が1年半くらいで電池が切れたんだけど故障?

公式の電池寿命はおよそ2年ですが、1年半くらいで切れることはよくあります。購入して初めてであれば、工場での生産時に入っているモニター電池の場合が考えられます。2回目以降の場合はオーバーホールが必要かもしれません。電池で動くクオーツ時計とはいえ動作の歯車の油切れやほこりが入り込んだことによって動きが鈍くなります。

こうした必要以上の電力を消耗して動作した結果、寿命が短くなることはよくあります。標準よりも寿命が短かったり、ある程度長期間使用している場合には定期的にオーバーホールをすることで改善するかもしれません。

ビクトリノックス時計電池の寿命はどうわかる?

電池が寿命になると電池が切れて時計が止まります。気付いたら時計が止まっていた→電池が切れた、とわかる場合は多いです。

中には電池切れ表示機能をもった時計もあります。電池が切れる前にそろそろ電池が切れそうだと教えてくれる機能で、アナログ時計では秒針が4秒置きに動きます。デジタル時計では電池切れ表示が点滅し、交換が必要だと知らせてくれます。上記の機能は約1週間ほど続いた後で電池切れで止まるので、こんな動きをしていたら一週間以内に電池交換をすれば止まらずに時計を使い続けることができます。

ビクトリノックスの時計電池が切れたまま放っておくのはNG

電池が切れて時計が止まった場合、長期間放置しておくのはやめましょう。なぜなら乾電池と同様に長期間の放置によって液漏れを起こしてしまい、他の箇所まで修理が必要になる可能性があるためです。1週間程度はまず平気ですが、半年以上の放置は避けたほうが無難です。あるいは長期間使わないことがわかっている場合は、電池だけ抜いてしまうのも手です。

ビクトリノックスの時計はどこで電池交換をするの?

電池交換は自分では行わずに購入店へ依頼しましょう。自分で修理を行った場合は最悪保証が無効になるケースもあります。購入店が遠方だったりなくなっている場合は、信頼できるお店に連絡を取って受けてもらうのがおすすめです。
電池交換とはいえ、れっきとした修理。時計を開けて見てもらう以上、しっかりしたお店に見てもらうのが安心です。

弊社では返送の送料込みで¥3,240で承っております。モデルによって価格が変動する場合があることをご了承ください。責任持って処置させていただきます。

ビクトリノックスの時計が電池交換でも直らない場合がある?

電池交換をしても時計が動き出さない場合があります。それは電池が切れたことによって止まったのではなく、他の修理が必要な場合です。この場合はメーカーに出してオーバーホール等、預けての修理が必要になります。電池交換に出す場合には、もし電池交換で直らなかったときにどうするか?を考えておくといいかもしれません。オーバーホールといったら少なくとも1万円以上することがほとんどですから、新しい時計を検討する人も多いからです。

ビクトリノックスの時計電池交換と一緒に時計ベルトの交換はいかがですか?

時計の電池交換をするとき、ほとんどの場合時計ベルトを外して作業します。ベルトに傷がついてしまうのを避けるためと作業しやすくするためです。


外すときによく思うのが、「この革ベルト、なかなか年期が入ってるな・・・」実はある程度使った革ベルトは裂けかけていたり、汗で変色していたり、かなり傷んでいることが多いです。例えば公式の電池寿命は24ヶ月とありますが、革ベルトは約1年程度で交換をおすすめすることが多いです。一夏、一冬を越すと変色やひび割れが起こるからです。


電池交換をするということはこれから使うつもりということ。時計ベルトも一緒に交換して、新品のような気持ちでまた使い始めるのはいかがでしょうか。

ビクトリノックスの時計電池交換まとめ

ビクトリノックスの時計の電池交換についてまとめました。電池交換をするときに気をつけることや、電池が切れたまま放置してはいけないことなど、購入時にはなかなか教えてもらえないことも解説しました。

電池交換をしてまた使い始めるときには、ついでに革ベルトの交換がおすすめです。新品を思い出してまた気持ちを新たに着けてみてはいかがでしょうか。

ワールドウォッチショップでもビクトリノックスの電池交換を承っております。
ビクトリノックスの電池交換でわからないことあればお気軽にご連絡下さい。

ビクトリノックスの電池交換についてはこちら→ビクトリノックス電池交換

当店、自慢のサービス イメージ違いでも交換・返品を承ります

お客様に最高の満足をお届けするため、どんなことでも構いません。

お気軽にお尋ねください。

お問い合わせはこちら→お問い合わせ

ショップはこちら→腕時計の通販サイトならワールドウォッチショップ

お客様の“最高の満足へのこだわり”を大切にしております。

ワールドウォッチショップをどうぞ宜しくお願いいたします。

-ビクトリノックス

執筆者: